• 2020.03.20

大好きなインテリアコーディネーターの仕事で「コネなし・ツテなし」から独立!

プロFに入る前と入る後で変わったことは?

プロジェクトFに入る2か月前に、フリーランスのインテリアコーディネーターとして独立開業しました。その前の年の10月には第2子を産んだばかりで、0歳と4歳の子供を育てながらの起業でした。

コネなし・ツテなし・経験なしの全くゼロから起業したのですが、幸運なことに滑り出しは順調にお客様が来てくれてすぐにお仕事を始めることができました。が、同時にとても忙しくなってしまい、でも売り上げは思うようには上がらず、いきなりブラック企業のような働き方に陥ってしまいました。

どうしたら自分のしたい仕事で、子育てと両立しながらイキイキと働けるかということを悶々と一人で考える日々。そんな中自分一人で調べたり考えたりするには限界があると悟り、これはママで起業してうまくいっている人に教えてもらうのが一番手っ取り早いとプロジェクトFに入ることにしました。
めぐみさんのエネルギーアップ講座には以前からお世話になっており、めぐみさんの関西弁とわかりやすく論理的なお話、すがすがしいまでのギブの精神に惹かれていました。

プロジェクトFに入って、同じように起業して切磋琢磨する仲間と、何よりも起業のノウハウだけでなく、一人一人の人間性ごと、まるっと受け止めて導いてくれるめぐみさんと毎日のようにLINEグループでつながっていられたことで、一人ではなしえなかったスピードでビジネスが進んでいくことを肌で感じました。

何事も良い時もあればどん底まで落ち込む時もありましたが、失敗してもくじけても絶対に否定せず必ずまた前を向かせてくれる場所を得たことが私には大きかったです。ゼロから起業して半年で、好きな仕事で自由な働き方とサラリーマンのお給料ほどの月商を得られるようになったのも、めぐみさんをはじめとするプロジェクトFの仲間の常日ごろの支えがあったからです。

変化のきっかけとなったコンテンツは?どう自分にとって影響がありましたか?

プロジェクトFでは、起業に必要なプログラムがたくさん用意されています。そのプログラム学習が進むにつれて、そして仲間とのコミュニケーションが深まるにつれて、自分は何に強くて、何に弱いかが明確になったのが大きかったです。要は自分のコントロールの仕方が身についたことでいろいろなことが前に進むようになりました。

起業に役立つ具体的なノウハウをいくら知ったところでそれを行動に移さないことには結果は出ません。行動に移すか移さないかがいつもボトルネックになってきます。

私は、自己肯定感が低く、人からの反応を過剰に恐れていたり、しっかり計画を立てるといったことが苦手だったり他にも様々なウィークポイントがありました。反対にコミュニケーション能力や発想が豊かなところなどは強みです。

自分の強みを、自分だけでなく仲間もともに認識し、ビジネスを加速させる具体的な行動を起こすためにどう生かし手放したらいいのかを客観的に指摘してもらえたことは、一人で考えていても永遠にわからないことだったと思います。

それぞれの個性をお互いが熟知して、認め合い、それを生かすことを喜び合えるのがプロジェクトFの素敵なところだと思います。

今はどんなことをされていますか?

個人宅のインテリアコーディネートをしています。海外インテリアのエッセンスをちょっと加えた非日常的な空間が日常の空間に。ホテルやカフェのようなオシャレなお部屋で毎日を過ごせたら、私と同様に働きながら子育てをする忙しいママたちの家事や子育てがもっとスムーズに、そして、毎日のあたりまえの景色が変わることで心持が変わり、やがて人生を望む方向に変えて行く原動力になると思っています。

現在、毎月3~4邸ほどコンスタントに手掛けています。今の集客は主にインスタグラム・アメブロからと、リアルなご紹介と半々くらいです。めぐみさんのお宅のコーディネートもさせていただきました!

卒業生インタビューに答えてくださった小畑典子さんのブログはこちら。インスタグラムはこちら。

RELATED POSTS