• 2020.03.19

行動の結果には時差がある。諦めない環境が私を変えた

プロFに入る前と入る後で変わったことは?

プロジェクトFに入るまでめぐみさんのことは全く知らなかった私がなぜ入ろうかと思ったのか?

「ここに入れば変われそう!」というパワーのようなものを感じたからです。

 

私はネイルサロンを経営しています。
サロンの集客は順調だったのですが、ネイルスクールを始めたいと思いながらスクールの集客方法がわからずにいました。

以前、ネイル講師としてセミナーの開催告知などを何度かしたことがあったのですが、思うように集客できず、それ以来、同じ失敗をしたらという思いから、集客の告知が嫌になっていました。
「どうせ私のところになんてお客さんは来ない」
というマインドセットになってしまっていました。

プロジェクトFでマーケティングを学び、そんな自分から変わりたいと思って、プロジェクトFに入りました。

入ってしばらくは、
「どうせ私のところになんてお客さんは来ない」
という思い込みがあり、素直に行動出来なかったり、モヤモヤとする時期がありました。
その気持ちをコミュニティの仲間に話すと、色んな経験をしている仲間たちからのたくさんアドバイスを得られました。

新しいことを始めるときは、学んだだけではなかなか自分の変化にまで落とし込めない人が多いと思います。

プロジェクトFでは、聞くだけのインプットではなく、アウトプットを大切にしているので
日々、コミュニティの仲間がグループLINEでアウトプットしている内容見て共感したり、
仲間と気持ちを共有したりすることで、少しずつ自分の思い込みが変わってきました。

プロジェクトFに入る前は
「ネイルスクールをしたいな。でも1歩踏み出せない。集客の仕方がわからない」
といった状態でした。

プロジェクトFでマーケティングの方法を学び始めてから、数件ずつとお問い合わせがくるものの、問い合わせだけで終わるということが続きました。

今までの私なら、問い合わせで終わることが続いたら
「やっぱり私じゃダメなんだ」
とネイルスクールの集客をやめていたと思いますが、その都度、相談出来る環境があったたので
「なぜそうなるか?」
「対策はどうする?」
とたくさんの気づきを与えていただき、お問い合わせいただいた方の後押しをしてスクールに入学していただくことができました。

今では問い合わせも増えきました。

感じることは
「自分が発信や告知をしてた結果は、時間差でくる」ということ。
今までやってきたことは意味があったんだと実感できました。
結果が出始めるまで諦めずに頑張れたのは、プロジェクトFのフォロー体制がしっかりしているからだと思います。

コミュニティみんなの声で私は変化できました。
コンテンツももちろんですが、沢山のコンテンツを学び実践し失敗や成功を重ねている仲間からのアドバイスがいつも気づきを得られました。

 

現在は私がこれまで成長してきたきっかけには、いつも同じ目標を目指す仲間がいて頑張れたという経験をもとに、ネイルスクールでは仲間たちとの関わりを大切に出来るよう雰囲気作りを心がけています。

プロジェクトFに入るときは1人だったスクール生も3人、ネイルサロンのスタッフも増え、念願だったみんなでワイワイという雰囲気の中で仕事ができていることが幸せです。
これから学んだマーケティングの方法でもっとスクール生の方と出会い幸せを広げていきたいと思っています。

 

卒業生インタビューに答えてくださった岩本絵里さんのブログはこちら。インスタグラムはこちら。

RELATED POSTS