• 2020.03.19

双子育児をしながら起業準備、第三子の出産を経てのビジネス構築

プロFに入る前と入る後で変わったことは?

プロジェクトFに入る前は会社のキャリアとこれからの人生設計について思い悩んでいたワーキングマザーでした。

子供を妊娠する前は会社でバリバリと仕事をこなし、家に帰ったら夫と飲みに行くのが趣味の共働き世帯の妻でした。このまま子供を授かっても、ワーママとしてなんとか働いていくんだろうな、、とぼんやり考えていましたが、双子を授かったことで状況が一変します。
体調を大きく崩し、出産後も過酷な双子育児に翻弄され、物理的にも精神的にも内にこもることが多くなりました。

明るく元気なことが取り柄で、外出したり旅行に行くのが大好きだったのに、笑い方も忘れ、外にでる方法すらわからなくなってしまいました。妊娠出産育児は幸せな出来事ではありましたが、心身に与える影響が大きすぎて、すっかり性格や考え方が変わってしまいました。
双子を抱えながら働くことにも大きな不安を覚えました。会社のキャリアも大きく調整しなければいけなくなり、今後の働き方やキャリア形成に関して希望が持てなくなり、鬱々とした日々を送っていました。
子供を連れてやっとのことで本屋に行けるようになったときに、たまたまめぐみさんの著書を見かけて、購入したことがめぐみさんを知ったきっかけです。

その後、メルマガを購読するようになり、エネルギーアッププロジェクトを受けるうちにメンタルが前向きに。

私でも、何かもっと大きいことに挑戦して、働き方を変えたいと思い、プロジェクトFに入りました。
プロジェクトFでは、ワーキングマザーをしながら、また第3子を妊娠出産しながらも長く学ばせていただきました。

大きく変わったのはメンタル面の成長と、自分の強みをマネタイズできたことです。

沢山のマインドアップ音声が、私の鬱々としていた思考を引き上げてくれました。
また、雇われで依存的な「ダメな会社員マインド」から、自分の人生を主体的に生きる「起業家マインド」にアップデートできました。
どうせ私なんて…と自分を責める日々から、これからの人生をいかに輝かせるか?とワクワク生きる日々に変換できました。
これが出来たから、双子を育てて働きながら起業準備をしたり、第三子を出産したりすることが可能になったのだと思います。

毎日コツコツと地道にブログを書いたり、インスタで発信をしていましたが、芽が出ない日々が続きました。

そんなときにコミュニティ機能が非常にありがたかったです。
「一人ではない」という安心感と心強さが、努力の継続に結びつきました。

一緒に学ぶコミュニティの皆さんからのフィードバックがあり、自分の強みである「言語化する力」「文章がうまい」「漫画が描ける」などを認識し、それをビジネスにすることができました。

0歳の子供を抱えながらコツコツと文章作成や漫画作成のお仕事に取組み、1ヶ月で10万円の売り上げを上げることができました。

会社以外の場で自分の強みでお金を生み出せることを知り、体感したのは私にとって大きく価値観が変わる学びでした。
お金に対する不安がなくなり、人生に対して自信が持てたと感じています。

 

卒業生インタビューに答えてくださった鏡彩圭さんのブログはこちら。インスタグラムはこちら。

RELATED POSTS